トップページ » コンテンツ » 介護事業者様 » 介護事業の特殊性

介護事業の特殊性

 介護事業も一般の中小企業の経営論が当てはまります。

 確かに、介護事業は介護保険の枠内とか、価格決定権がないとか、福祉的要素が強いなどの一般の企業とは異なる特殊な性格を有しているため、介護事業所の「運営」という意識になりがちです。

 しかし、製造業や他のサービス業などと異なり、直接「人」と「人」との接触を通してサービスを実現するという意味では、一般の中小企業以上に従業員たる「人」の育成が欠かせませんし、競争の中で介護事業所として生き残るためには、やはり介護事業所を「経営」するという意識、発想の転換が要請されます。

 

→ 人事労務の重要性

 
 
 
お気軽に御相談下さい。お問合わせはこちら ≫