トップページ » コンテンツ » 介護事業者様 » 人事労務の重要性

人事労務の重要性

 2012年の介護保険法の改正においては、「重大な労働法違反事業者は指定取消もあり得る」ことが明文化されました。例えば、従業員が時間外労働をしたとき、割増賃金を支払っているでしょうか、また登録ヘルパーの移動時間に対して賃金を支払っているでしょうか、あるいは有給休暇はキチンと与えているでしょうか。

 このような事態に適切に対応していないと、指定取消もあり得ます。コンプライアンス(法令遵守)は、従業員のヤル気を高めます。賃金をアップさえすれば、介護労働者を確保できるでしょうか。厚生労働省は、キャリアパスで事業者を区別しているように、質の高い事業者が生き残るシステムを目論んでいます。質の高い事業者とは、質の高いサービスを利用者に提供している事業者のことです。質の高いサービスを提供するには、介護労働者が仕事に満足していることが前提となります。そのためには、介護労働者が生き生きと働くことができる職場環境を整えることが必要なのです。人事制度をはじめとする人事労務全般についてサポート致します。

 

→ 人事制度

 
お気軽に御相談下さい。お問合わせはこちら ≫