トップページ » コンテンツ » 介護事業とは

介護事業とは

■介護が必要と認められた方々に、各都道府県や自治体から介護保険指定事業者と認められた事業者(法人)が、ケアマネージャーが立案した計画(ケアプラン)に則り、ご自宅、もしくは、施設で、介護専門職員がサービスを提供する事業です。

■事業者はサービスを適正に提供した対価として、事業所所在地の管轄市区町村より提供金額の90%、利用者から10%をお支払いいただきます。

 

 

●介護保険施設サービス

(都道府県の管轄)
・指定介護老人福祉施設 ・介護老人保健施設 ・介護療養型医療施設

●介護保険在宅サービス

(都道府県の管轄)
・訪問介護 ・訪問入浴 ・訪問看護 ・訪問リハビリテーション
・居宅療養管理指導 ・通所介護 ・通所リハビリテーション
・短期入所生活介護 ・短期入所療養介護 ・特定施設入居者生活介護
・福祉用具貸与 ・特定福祉用具販売 ・居宅介護支援事業


●地域密着型サービス

(市区町村の管轄)
・夜間対応型訪問介護 ・認知症対応型通所介護
・小規模多機能型居宅介護 ・地域密着型特定施設入居者生活介護
・地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
・認知症対応型共同生活介護

●介護業界の特徴

・社会福祉の精神が根源
・資本主義的価格決定メカニズムが機能しない
・サービス利用について、利用制限あり
・行政による指導監督権限
・社会保険による市場原理

●介護サービスの特徴

・欲しくて求める商品ではない
・情報の非対称性が存在
・サービス需要の背後に存する問題把握が重要
・共同指向的性格
・公共性・継続性が強く要求される

●業界の風評

・給与が低い (飲食業などと比べてもそれほどかわらない)
・離職率が高い (事業者によってばらつきがある)
・儲からない (サービスによって二極化している)

●介護事業の運営を経営と考える

・限りある財源を合理的・効率的に活用するためには。
・介護保険制度を中・長期的に維持するためには。
・質の高いサービスを維持するには。
・一定の品質を保った介護職員の数を確保するには。
・少子高齢化社会でも幸せに暮らせる社会システムを構築するには。

●業界に詳しい地域密着型の専門家

・人材教育
・組織強化
・業績改善
・事業戦略
・行政対策
・市場調査

 

→介護事業所開設

 

 


 

介護事業をこれからはじめられる方、現在介護事業をされておられる方、
介護事業に詳しい社会保険労務士「丸田法務事務所」にご連絡ください。

 
お気軽に御相談下さい。お問合わせはこちら ≫